青山の児童相談所問題で住民の反対理由が酷すぎる。イメージを下げているのは住民の方じゃないの?

どーも ゆーたです!

今日の朝にニュースを見ていたら青山に児童相談所問題のニュースが流れていました。

内容は、青山の一部の住民が児童相談所を作るということに反対しているということです。

このニュースを見て正直僕は呆れてしまいました。

 

はっきり言って反対してる理由がおかしすぎます!

今回は青山の児童相談所問題について世間の声や僕の考えなどをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

青山の児童相談所問題で住民の反対理由が酷すぎる。

まず、簡単に青山に建設予定の児童相談所について説明します。

港区が約100億円かけて表参道駅から徒歩5分のところに児童相談所を建設予定としていて、ここ周辺には世界的な高級ブランドのショップも並んでいます。

この施設は、虐待を受けた子どもや非行に走ってしまった少年の保護、母子生活支援施設などが入る支援センターとして建設されることになっていました。

しかし、この施設に関する住民説明会で問題は起こりました。

 

一部の住民から猛反対の声が上がりました。

「青山のブランドイメージを下げるな」

「港区としての価値が下がると思う」

「3人の子を南青山の小学校に入れたくて土地を買って家を建てた。物価が高く、学校レベルも高く、習い事をする子も多い。施設の子が来ればつらい気持ちになるのではないか」

 

反対意見が多数あり説明会では怒号が飛び交う事態となっていました。

紹介した住民の声は一部ではありますが、このように酷いとしか思えないという意見がかなり多く出ていることに僕は驚いています。

 

スポンサーリンク

 

イメージを下げているのは住民の方じゃないの?

 

ここからはこの問題について僕の意見を述べたいと思います。

はっきり言って僕は怒りを通り越して呆れてしまいました。

このような住民の声はおかしいと思います。

 

青山のイメージが下がるとか言っている人がいましたが、はっきり言って下げているのはそのような発言をしている住民の方です。

そもそも青山のイメージを考えての発言というよりも自分のことしか考えてないんじゃないの?というような意見にしか聞こえませんでした。

ネット上にも反対意見に対してはかなり批判が集まっていました。

反対意見に対する批判

かなりきつい言い方をしている人が多いですが、そう言われるのも無理ないですよね。

 

子どもを守るための施設。子どもを救うための施設になると思うのでなくてはならないものだと僕は思います。

親から虐待を受けても誰にも相談できないという子はたくさんいます。

そして、そういう子どもたちが逃げ出す手段として飛行に走ったりする場合もあるみたいです。そのような子どもをこれ以上増やさないためにも建設が認められてほしいですね。

 

カンニング竹山さんも言っていましたがこれは差別という捉え方もできます。

僕にはこの人達が「ここはお金持ちしか住めないところだから庶民は入ってくるな」という風に見下した感じでいるのが伝わってきました。

このような人達にはもう一度自分が言っていることを考えてほしいですね。

自分が今言っていることを子どもの前でも言えますか?と聞いてみたいです。

 

ということで今回は青山の児童相談所問題について取り上げました。

この問題は青山の一部の住民が自分の意見を無理やり通そうとしている限りしばらくは続いてしまうかもしれません。

こういうことは私の問題として捉えるか、私達の問題として捉えるかで考え方は大きく変わると思います。

もし、自分の身近な人がそういう施設を必要としていたらどうだろう?

という考え方をしてほしいです。

 

ただ、一つ勘違いしないでほしいのは青山の人全員がこう思ってはいないということです。

中には賛成意見の方もいて、すごく前向きに子どもたちのことを考えている人達も大勢います。そういう住民のイメージを下げないためにも発言には気をつけてほしいです。

 

スポンサーリンク


paypay画像

paypayとは?お得な使い方とメリット・デメリットを分かりやすく解説!

2018年12月5日
ゴーン会長画像

本当に悪いのはゴーン会長だけなのか?クーデターではないかという噂も…

2018年11月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。