ドラマ文学処女で城田優の色気がヤバイと話題に!

文学処女画像

どーも ゆーたです!

今回は現在かなり注目を集めているドラマ「文学処女」についてです!

 

このドラマは城田優さんと森川葵さんがW主演しています。

かなり話題になってるみたいなので僕も気になって調べてみたら

「城田優の色気がヤバイ」とネット上で話題になっていました。

そこで今回は文学処女について視聴者の感想を交えながら紹介していきます!

スポンサーリンク

 

文学処女はどんなドラマ?

文学処女画像

引用元:https://www.cinra.net/news/20180807-bungakushojo

このドラマの原作はLINEマンガオリジナルの作品です。

この作品はLINEマンガオリジナルの作品として無料連載をしていたらしいのですが

閲覧数といいね数で1位を獲得しています!

このときから人気作品だったみたいですね!そしてLINEマンガ編集部が手がけるオリジナル作品として初の実写化となりました。

 

ここで少しあらすじを紹介します!

あらすじ

物語は、出版社に勤める月白鹿子(森川)が、念願の文芸編集部に配属され、超売れっ子ミステリー作家・加賀屋朔(城田)の担当に任命されたところから始まります。 

鹿子は恋愛経験がない26歳。思わせぶりに近づいたかと思えば、気まぐれに遠ざけようとする加賀屋の態度に翻弄されながらも、徐々に心惹かれていくという“遅咲きの恋”は、女性の心を掴む要素がたくさん!さらに鹿子の同僚・望月千広(中尾暢樹)との三角関係も…!?

 

森川葵さんは恋愛経験のない鹿子を演じていて

城田優さんはそんな鹿子を翻弄する加賀屋を演じているのですが

この加賀屋が女性を誘惑するのがすごい上手いんです。

原作でも加賀屋にキュンキュンさせられた人は多いみたいですねw

スポンサーリンク

 

 

城田優の色気がヤバイと話題に!

 

そして、話題になってるのが城田優さん色気です。

このドラマを見た視聴者は城田優さんの色気にノックアウトしていますw

ここからはそんな視聴者の感想を紹介していきます!

 

Twitterでの意見

湯あたりしたら介抱してほしいし手つなぎデートしたいし甘々な言葉囁かれたいし指切ったら舐められたいし、何が言いたいかっていうと文学処女の城田優の色気がやばみなので森川葵になりたい🤦‍♀️

 

 

 

色気の暴力って面白い表現ですよねw

このドラマを見た人は城田優さんの虜になっているようですw

大人の色気か~羨ましい!

色気がヤバイなんて言われてみたいですねw

これを機に城田優さんの女性ファンは急増しそうですね!

 

このドラマで城田優さんはキュンキュンさせてくれる色気満載の役を演じていますが、

僕がよく見る城田優さんの役は変態かサイコパスな役が多いですw

僕は結構そっちの城田優さんも好きなんですけどねw

気になる方は「SPEC」とか見てみてください!

 

多分そっち系の役は俳優の中でも1位2位を争うぐらいうまいですw

 

今回はドラマ文学処女について紹介してきました。

ドラマは終わってしまったみたいですが、TVerやHuluなどでも見ることができるので

気になる方はそこから見てみてください!

 

一気に見てしまったという人が続出するぐらいハマってしまうのでご注意をw

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。