日雇いバイトのメリット・デメリットとは?わかりやすくまとめてみた!

日雇いバイトメリット・デメリット

どーも ゆーたです!
学生や社会人の方まで多くの人が
日雇いのアルバイトを経験したことがあるのではないでしょうか?

もしかしたら一つのバイト先でずっとバイトをしているという人も多いかもしれません。
でも、一日だけ働けば給料が貰える日雇いのバイトって結構便利なんですよね。

夏休みなどの長期休みの期間は普通のバイトより稼げることのほうが多いです。
一日中空いていた場合は日雇いの方が稼げますからね。

そこで今回は何回も日雇いのバイトを経験してきた僕が、
日雇いバイトのメリットデメリットをわかりやすく紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

日雇いバイトのメリット・デメリットとは?わかりやすくまとめてみた!

 

ここからはいくつもの日雇いバイトを経験している僕が感じた
メリットデメリットをいくつか紹介していきます。
まずはメリットから御覧ください!

日雇いバイトのメリット

メリット①|自分の都合に合わせて働くことができる

飲食店などの長期のアルバイトだとシフト制などが多く、
毎週火曜日と木曜日という風に決めなくてはいけません。

これを当たり前だと思う方もいるかもしれませんが、
意外とこのルールがつらいと感じてる方も多いハズ・・・

実際の予定は何が起こるか分かりません。
この日がバイトじゃなかったらよかったのに・・・
という経験は多いと思います。

食事ショッピングに誘われても
その日はバイトだからと断らなくてはいけない、
という風に融通が利かないんですよね。

なんか明日はバイトに行きたくないな~と思う日だってあります。
風邪を引いてしまったら店長に電話をしなければいけませんし、
そういうところも面倒ですよね。

 

でも、日雇いバイトならば
前日に申し込むことも多いので働きたい日に働くことができます。

急に明日暇になったな~
というときにも申し込めば翌日に働くこともできるので、
そこは便利ですよね。

日雇いバイトのほとんどが単発なので
「明日1日だけ働きたい!」
というときにも働くことができるのは魅力のひとつなのかなと思います!

 

メリット②|すぐにお金をもらうことができる

ここも日雇いバイトのおいしいところですね!

「まだ給料日じゃないけど、来週までにお金が欲しい。」
「今すぐにお金が欲しい」
ということってよくありますよね。

ぼくも欲しい洋服があったり、
急な飲み会が決まった時などは日雇いのバイトに救われましたw

日雇いバイトは「銀行の翌営業日までにお振込み♪」とか
「当日に現金手渡し♪」というところが多いので、
急にお金が必要になった時は助かりますね!

 

メリット③|たとえ嫌な職場だったとしてもその日だけ

バイト先に怒りっぽい人がいたり、
業務内容が合ってないな~と感じることがあります。
「時給が高いからという理由で申し込んだら、引っ越しがめちゃくちゃキツかった」
というのはよく聞く話ですよね。

このように、その仕事が自分に合わないと感じたとしても
日雇いはその日だけ乗り切ればもう行かなくても大丈夫です。

どんなに嫌な仕事でも
「今日を乗り切ればもう来なくていいし、お金も貰える!」
と自分に言い聞かせれば、
1日だけなのでどんな仕事でも乗り切ることができます。

1日の仕事は長いように感じるかもしれませんが、
意外とあっという間ですからね。

 

これが長期のバイトだったらそんなにすぐに辞めることは難しいので、
これも日雇いバイトならではのメリットと言えますね!

 

メリット④|仕事が早く終る場合がある!

どのバイトをやるのかにもよりますが、
予定よりもバイトが早く終わったというケースも意外と多いです。
これは、引っ越しや事務所移転などの肉体労働系に多いですね。

早い時は9時から始まってお昼前には終わっていたということもありました。
その日は日給9000円だったのですが、早く終わっても日給分は全て支払われました。

「早く終わっても日給保障!」
という日雇いバイトは引っ越しや事務所移転などに多いので、
男性の方は一回だけでもやってみるのはいいかもしれませんね!

当日に現金で払ってくれるところも意外とあるので探してみてくださいね!

 

メリット⑤|仕事内容はほとんどが初心者でもOKな簡単なこと

日雇いバイトは単発や長くても3日、4日という比較的短期間なことが多いので、
覚えるまでに長い時間が必要な仕事内容ではありません。

飲食店のバイトだと料理の作り方から
お皿の置いてある場所まで覚えることが多くて、
最初はかなり苦労しますよね。

でも、日雇いバイトなら誰でもできるような
簡単な作業が多いので安心してください!
日雇いを雇う企業は優しく教えてくれるところが多いので安心してくださいね!

そして、日雇いはほとんどの企業が面接もないのでそこも働きやすいポイントです!

 

メリット⑥|有名なアーティストに会えることもある?

これも日雇いバイトならではのメリットだと思います。

僕はライブビューイング会場の屋台の販売員の日雇いをしていたのですが、
ももクロのライブを見ることができました!
ライブ中は買いに来る人はいないので屋台のオジサンと一緒に
「ももクロのファンめっちゃ熱いな~」とかいいながら2,3時間ぐらい話しながらライブを見てましたねw

最後の方にはライブビューイング会場の方にももクロが来てくれたので
実際にももクロを見ることもできました。
仕事が終わった後は「今日疲れた~」というよりも
「今日は楽しかったー!」という感情の方が大きかったですね!

こういうおいしいバイトがあるのも日雇いならではだと思います!

 

スポンサーリンク

 

日雇いバイトのデメリット

デメリット①|仕事に毎回応募しなくてはいけない

毎回仕事に応募しなくてはいけないのは結構めんどくさいですよね。

メインで入れているバイトが無いときなど、
たまに日雇いを入れる人はいいのですが、
夏休みに日雇いでガッツリ稼ごうとすると毎回お仕事に応募しなくてはいけません。

連続で働く場合はその日のバイトの帰り道に電話をしたりすることもあります。

「ガッツリ日雇いで稼ぎたい!」
という場合はこれがとても面倒くさく感じてしまいます。

「電話一本入れればいいだけじゃん。」
と思うかもしれませんが、意外と電話って面倒くさいです。
必ず一回で電話に出てくれるとは限らないので・・・

 

デメリット②|仕事がない場合がある

日雇いのバイトは前日に応募するので
急に予定が無くなったら働きやすいと言いましたが、
申し込むが平日だったりすると仕事が全く無いという場合もあります。

これは登録する派遣会社にもよるのですが、
仕事が少ないところは仕事先が3~5つぐらいしかないというところもあります。

それに、仕事に申し込んでも選考のようなものがあり、
落ちてしまいバイトができないという場合もあります。
このような選考がある場合は経験者が優遇されることが多いので注意が必要です。

僕も、明日働きたいのに働けない。
という状態が何日か続いた時がありました。
自分の家の近くの派遣会社に登録するのもいいですが、
しっかりと口コミを調べてから派遣会社には登録したほうがいいかもしれませんね。

 

デメリット③|働く場所は毎回違うことが多い

日雇いはその日限りの現場が多いので働く現場は毎回違うことが多いです。

先程のメリットにあげましたが、これが自分が嫌な職場だったら嬉しいですが、
毎回職場が違うのはストレスも溜まりやすいですし、
行く前に「今日の現場はどんなところかな~。怖い人はいないかな~」
と少し緊張してしまいますよね。

働く場所が違うというのはメリットでもデメリットでもあるので、
そこは慣れもありますが自分にあったスタイルを見つけたほうがいいです。

ちなみに僕は今でも新しい仕事先に向かう時は緊張してしまいますw

 

デメリット④|交通費は出ないことが多い

これは結構痛いところです。
日雇いバイトは交通費が出ないという現場は結構多いです。

仕事が毎回家の近くであるとは限らないので、
お金を稼ぐために少し遠くまで働きに行くことがあるかもしれません。
でも、交通費で往復1,000円かかってしまったりすると、
「1時間タダ働きか~」と思ってしまい損をしたような気分になってしまいますよね。

これに関しては家の近くに仕事が多くある派遣会社に登録するというのと、
自分の中でここまでなら仕事に行くという行動範囲を決めたほうがいいです。
そうすると「明日は休みでいっか。」と気楽に考えることができてストレスはかかりにくいですよね。

もし、仕事が近くになかった場合は仕事はせずに家でゆっくりするのもいいと思います。

 

まとめ

 

ということで今回は日雇いバイトのメリット・デメリットについてまとめてみました。

日雇いバイトはメリットの部分がフューチャーされる場合が多いですよね、
大体調べてページの一番上の方にあるのは派遣会社のサイトが多いので
デメリットはあまり記載していない場合が結構多いです。

でも、交通費の面だったり、
あまり仕事が無いということも結構重要なポイントですよね。

これを見て自分は飲食店などの
普通のアルバイトの方が向いてるな~と思った方は、
たまに日雇いバイトを利用してみるのがいいかもしれません。

個人的に日雇いバイトをしていて感じたのは
「日雇いのバイトはたまにやるぐらいがちょうどいいなぁ~」
というのが素直な感想です。

これをガッツリやろうとすると
毎回違う現場に行ったりすることになるので疲れちゃいますからね。

今回は僕が感じたメリットデメリットですが、
これは結構感じてる人も多い内容です。
日雇いバイトに興味があるという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。