日雇いバイトが向いてる人ってどんな人?日雇いを何回も経験してる僕なりに考えてみた!

日雇いバイトが 向いてる人ってどんな人?

どーも ゆーたです!

学生から社会人まで多くの方が利用している日雇いバイトですが、
まだ日雇いのバイトをやったことがない方は
「自分でも日雇いバイトできるのかなぁ~」とか
「日雇いバイトってどんな感じなんだろう?」と不安になりますよね。

僕は現在は学生で、よく日雇いのバイトをしているのですが、
初めて日雇いのバイトをする時は不安でした。
普通の飲食店などのアルバイトとは少し違いますからね。

なので、今回は「日雇いバイトに向いてる人はどんな人なのか。」
というところを僕なりにまとめてみました。

日雇いバイトのメリットやデメリットをまとめた記事も書いていますので、
そちらも見てみてくださいね!
この記事と合わせて読んでいただけると日雇いバイトをしようか悩んでる方には参考になると思います!

日雇いバイトメリット・デメリット

日雇いバイトのメリット・デメリットとは?わかりやすくまとめてみた!

2019年2月27日

 

スポンサーリンク

 

日雇いバイトが向いてる人ってどんな人?日雇いを何回も経験してる僕なりに考えてみた!

 

ここからは日雇いのアルバイトを何回も経験している僕が、
どんな人が日雇いバイトに向いているのか紹介していこうと思います。

 

向いてる人①|スケジュールが一定ではない学生や特定の職種の人

これは、上で紹介しているメリット・デメリットの記事の
メリットの部分の自分の都合に合わせて働くことができるというところが関係しています。

午後から出勤や学校だったり、
火曜日と木曜日は休みという学生
特定の職種の方は日雇いバイトの方が稼ぎやすいと思います。

それに学生などは急な飲み会や急にゼミに呼ばれるということも少なくはないので、
明日ぽっかり予定が空いてしまったという場合は日雇いバイトのほうが稼ぎやすいと言えます。

学生以外にも急に予定が入ることの多い仕事をしている方などは、
もう少しお金が欲しいと思ったら単発でも働くことのできる日雇いバイトがおすすめです。

 

向いてる人②|普通のアルバイトが続かない

これは僕もそうなのですが、
アルバイトに入ったはいいけど1ヶ月、2ヶ月しか続かない
という方は多いのではないのでしょうか?

覚えなければならないことの多い最初の頃はそれなりに楽しいのですが、
慣れてくるとバイトが同じことの繰り返しのように感じて
苦痛になってしまうという方もいるみたいです。

それ以外にも職場の人間と上手くいかなかったり、
そもそも人間関係が嫌いでなかなか馴染めないという理由から
バイトに行くのが辛くなってしまうかたも多いと思います。

オープニングスタッフでも無い限り、
既にバイト先に仲のいい人たちのグループができてるので、
そういうところも馴染みづらい要因ですよね。

僕は、人間関係の部分が大きいですかね。
いくつか飲食店だったり、薬局だったりを経験したのですが、
既にグループができていて上手く馴染めないというところは多かったです。

そのような人は日雇いのアルバイトのほうが向いているかもしれません。

毎回出会うのは違う人ですし、
あまり人と関わらない仕事も多いのでそういう面に関しては気楽に働くことができますよ。
もし、嫌な職場だったとしてもその日だけ我慢すればいいだけですからね。

 

向いてる人③|単純作業などが苦痛にならない人

日雇いは単純作業のバイトが多いのですが、
単純作業はすぐに覚えることができるので
「仕事を覚えられるかな~」という心配は一切ありません。
それに優しく丁寧に教えてくれるところが多いのでその点は安心してください。

しかし、この単純作業というのは一度覚えてしまえば仕事自体は
かなり簡単にこなすことができるのですが、
これを苦痛と感じるひとは多いみたいです。

楽にこなすことができる反面、
同じことの繰り返しなので、
飽きてしまい時間が経つのが異常に遅く感じるという人がいるみたいです。

ですが、逆に単純作業中はいろいろと考え事をすることができるので
「考え事をしていたらあっという間に時間が過ぎていたと」感じる人もいます。
こういう人は単純作業が全く苦痛にならず、
むしろこれほど楽な仕事は無いとさえ感じるみたいですね。

これは完全に向き不向きが分かれてくるので、
自分はどんな人なのかというところをしっかりと見極めてください。
ただ、バイトは一日単位でお仕事をするので一回やってみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに僕は最初はかなりの苦痛だったのですが、
徐々に慣れていったという感じです。
単純作業の苦痛な時間を少しでも和らげる方法については記事にしようと思っているので、
楽しみにしててください♪

 

向いている人④|いろんな仕事が経験したい方

日雇いバイトと言っても、単純作業の多い工場や引っ越しばかりではありません。

ライブなどのイベントスタッフや試験監督のアルバイトなどもあります。
ライブのイベントスタッフなどは忙しくはありますが
結構楽しいのと時給がかなり高いのでオススメですよ!

僕はライブ会場の横にあったライブビューイングの会場で販売していた
屋台での販売員のバイトを日雇いでやっていたのですが、
ライブが始まったらお客さんは来ないのでライブビューイングの映像を見てましたw

ちなみにその時はももクロのライブだったのですが、
屋台のオジサンと話しながら2,3時間ぐらいはずっとライブを見てましたねw
そんなおいしい体験ができるのも日雇いならではだと思います!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

ということで今回は日雇いバイトが向いている人について紹介してきました。

日雇いバイトは前日に応募しても働ける場合が多いので結構便利です。
しかし、中には日雇いのバイトが苦痛で仕方ないという方もいます。

普通のアルバイトをしていたほうがいいや。
と思う方も意外と多いみたいなので、
自分の向き不向きを理解してから日雇いのアルバイトをやってみてください。

日雇いバイトは一日単位でお仕事を契約していくので、
日雇いのバイトをやりながら
自分が向いているのかどうかを見極めるという方法が一番いいかもしれません。

日雇いバイトはたまにやると楽しかったりするので、そういう使い方もありですよ!

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。