東京五輪中に首都高の料金を上乗せすることが発表!ツイッター上では批判の嵐!!

高速道路

どーも ゆーたです!

東京五輪の期間中に渋滞緩和策として首都高速道路の料金が一律で500円~3000円上乗せをすることを政府が検討しているみたいですね。

検討中のことですが、上乗せされることがほぼ間違いないみたいですね。

しかし、このことに対してツイッター上では批判の嵐が巻き起こっていますw

まあそりゃそうなるわなwって感じですよね。

今回は料金の上乗せについてとツイッターでの声をまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

東京五輪中に首都高の料金を上乗せすることが発表!!

 

2020年の東京五輪の期間中に渋滞緩和策として通常の首都高速道路の料金に上乗せをする「ロードプライシング」という政策を導入することが発表されました。

課金額は一律で500円~3000円という案が浮上しており、これを検討中みたいです。

選手やスタッフ、メディアなど大会関係者がバスや乗用車で主に高速道路を使用することが決まっているらしく、もし何の政策も導入しなかった場合は通常の2倍の渋滞になってしまうということもあり、今回の政策を決定したみたいですね。

ロードプライシングを導入した場合は周辺の一般道がかなりの渋滞になることが予想されるので、外環道や圏央道を値下げすることで迂回を促すことも検討しているみたいです。

 

まあ、オリンピックのためなら仕方ないのかなという気もしなくはないですが、首都高をよく使うという人にとってはかなりきつい政策ですよね。

それに、こうなることは分かっていたはずだろ・・・ということも思ってしまいますよね。

いくら五輪の為とはいえ国民が怒るのも無理はないと思います。

この政策は国民の意見なども積極的に取り入れて、慎重に議論してほしいです。

 

スポンサーリンク

 

この政策に対してツイッター上では批判の嵐!!!

 

この政策が発表されたのですが、案の定ツイッター上では批判の嵐でしたねw

ざぁーけんじゃねーー!!!」「経済活動を抑制しておいて何が経済効果だ」

「招致するときに、オリンピック開催時の首都圏の交通について何も考えてませんでした」っていうことだよね。そういうのをいちいち後出ししてくるのもう疲れた。

「五輪なら何でもありみたいな感じはやめてほしい・・・」

「仕事で首都高使う人にとってはたまったもんじゃない」

このようなコメントがかなり多く見られましたね。

 

それと、今回の首都高が上乗せされるようになるまで分かりやすくまとめている方がいたので載せておきますね。

まとめ

小池都知事&都民ファースト誕生 ↓

豊洲移転延期 ↓

環状2号線間に合わず ↓

首都高の渋滞は約2倍の予想 ↓

どうにかして車減らしたい ↓

よし、値上げしよう!(いまここ) …失策のツケが国民に回ってくるわかりやすい例です。

 

もう一度見直してみたのですが、これは批判しかないんじゃないかというぐらいですねw

まあ、そりゃ怒りますよねw

招致の時にこのような影響の説明はなかったみたいですからね。

最近になって気づいたのかな?と言われても仕方ないですよね。

 

まとめ

 

今回は五輪期間中の首都高の上乗せについてまとめてきました。

このことに関しては国民が怒るのも無理はありませんね。いくら五輪のためとはいえ国民の生活に大きな支障をきたすことは間違えないです。

オリンピック用に新しい道路を作っていたはずでは?という声からも国民が政府に対して不信感を抱いているのが分かります。

不謹慎なことではありますが、五輪中にテロが起こるのではないかという噂もされていますがあながち間違いじゃないかもしれません・・・犯人が外国人とは限りませんからね。

もっと国民の意見を積極的に取り入れて、慎重に議論をしないといけないかなと僕は思います。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。