飯塚幸三の身内には警察関係者がいるという噂も。退院後も逮捕されないことに被害者夫は怒りの声

police

現在、ネット上で大きな波乱を呼んでいる、飯塚幸三さんのプリウス暴走事故。

飯塚幸三さんが退院後も逮捕されないということが分かり、
ネット上の「上級国民だから逮捕されない!」という論争に拍車がかかっています。

ヤフーニュースなどによると、飯塚幸三さんが逮捕されないのは「上級国民だから」ではなく
事故で骨折して入院しているからという書き方をされていました。

実際に僕もそれに納得をして、
「たしかに、入院しているなら逮捕するわけにはいかないか~」
と思うと同時に退院してから逮捕されるのだと思っていました。

しかし、警察側は退院後も逮捕しないということを発表しました。

もうここまでくると「上級国民だから無罪」という説はあながち間違っていないかもしれません。

今回は被害者親子の夫がどう思っているのか?
逮捕されないことで浮上した飯塚幸三さんの噂

これらについてまとめていきたいと思います!
それでは見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

飯塚幸三の身内には警察関係者がいるという噂も

飯塚幸三さんがここまで逮捕されないということで
ネット上では飯塚幸三さんの息子が警察関係者、または身内に警察関係者がいるのではないか?
と話題になっています。

飯塚幸三さんは、実際に事故を起こした直後に息子に電話をしていることが分かっています。

その電話では「人をいっぱい轢いちゃった」と話していたらしいです。
そして、その直後に飯塚幸三さんのFacebookが削除されていることが判明しました。

おそらく、この電話の直後に息子が機転を利かして削除したと思われます。

電話では上記の会話しか報道されていませんが、
Facebookなどが削除されていることからこの電話で自分の保身を図ったのでは?
という噂が広がりました。

 

もし、息子が警察関係者ならこの時点で逮捕されないように
根回しをしていた可能性もありますよね。

ネット上でも飯塚さんの息子は誰なのか、様々な議論が交わされていますが
詳しくは今のところ分っていません。

一般人には分からないように削除されている可能性もあります。

 

上級国民だから逮捕されないということについて
様々な大手メディアではそのことを否定するような書かれ方をされていますが、
退院後も逮捕されないということなので、
息子じゃないにしろ警察関係者と繋がりがあることは本当なのかもしれません。

現在はニュースでもこの話題を取り扱っていますが、
この騒動は、このまま収束に向かいそうです。

おそらく、テレビ局もこの話題をこれ以上大きく取り扱うとは考えにくいです。
テレビ局に圧力がかかっていることも考えられるので・・・

そして、飯塚幸三さんが免許を剥奪されてないと考えると
一番恐ろしいですよね・・・

上級国民だから今回は無実になったということがありえるのであれば
免許は剥奪されないということもありえるので・・・

次に事故を起こした時には報道もされずもみ消されるかもしれません・・・

逮捕

池袋事故で飯塚幸三が逮捕されないのは上級国民だからなのか?

2019年4月22日
報道では語られない真実

池袋プリウス暴走事故の真相がヤバイ!報道では語られない欠陥の可能性~

2019年4月21日

 

スポンサーリンク

 

 

飯塚幸三が逮捕されないことに対して被害者の夫は怒りの声

池袋の暴走事故により、妻と娘を亡くしてしまった夫が会見で
その心境を語りました。

ここではその時の会見の言葉を紹介させていただきます。

「まず最初に、事故現場の献花台に溢れるほどの花を手向けてくださった皆様、妻と娘に寄り添い心を痛めてくださっている皆様の温かい心に、本当に感謝しています」

「最愛の妻と娘を突然失い、ただただ涙することしかできず、絶望しています。娘がこの先どんどん成長し、大人になり、妻と私の元を離れ、妻と寿命尽きるまで一緒にいる。そう信じていましたが、たった一瞬で私たちの未来は奪われてしまいました。悔しくて悔しくて仕方がありません。この悔しさはどれだけ時間が経っても消えないでしょう」

「妻と娘は本当に優しく、人を恨むような性格ではありませんでした。私も2人を尊重し、本来ならばそうしたいです。ですが、私の最愛の2人の命を奪ったという、その罪を償ってほしいです。この数日間、何度もこの先生きていく意味があるのかと自問自答しました。しかし同時に、今回の事故での妻と娘のような被害者と私のような悲しむ遺族を今後絶対に出してはいけないとも思いました。そのために、私は妻と娘の画像を公開することを決断しました。妻はとても恥ずかしがり屋で、Facebookなどで顔を公開することもないような控えめな性格でした。そのため苦渋の決断でした」

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/16366451/

 

今回のような事故を二度と起こさないために、
妻と娘の写真を公開することにしたそうです。

そして、危険運転をしそうになった時、
家族に危険な運転をしてしまいそうな人がいる場合はこの写真を思い出してほしい。
運転をしない。運転をさせないという選択肢を持ってほしいと語っています。

突然、日常から絶望に変わったのですから、
かなり苦しかったと思います。

そして、今回の事件では加害者である飯塚さんが逮捕されないという報道。

 

僕だったらこのようなことを許すことができません。
かけがいのない人を二人も奪われてしまったのですから。

けして故意では無いといえ、自分の犯した罪は償わなければいけません

それに、事故直後に救急車ではなく、
息子に電話をかけたというのも怒りを覚えます。

自分が犯してしまった罪を認めようとせず、
自分の保身を優先したということです。

決して許されることではありません。

 

そして、このことに対して政治家は誰も異を唱えない。
警察は頑なに逮捕をしようとしない。
メディアはこれ以上報じようとはしない。

これが今の日本です。

何が法治国家だ
国家が率先して法を破っているじゃないか。

恐ろしいですね・・・

そんなやつらが日本を変えたいと叫んでいる。

一番悪い奴らが・・・

 

東京オリンピックではテロが起こるかもしれないと言われていますが、
もしかするとそうでもしないと変わらないかもしれません・・・

陰謀チックなことですが、今の状況だと十分にありえます。

 

テロは大量の命を奪うことになるので、起こってはいけないことですが、
そんなことをしなくても国は変えることができます。

国民一人ひとりが立ち上がれば国をひっくり返す事もできます。

そうやって国を変えてきたところは世界中にいくつもあります。

それが本来の民主主義です。

 

少し脱線しましたが、今回の事件を通して
日本の闇がさらに顕になった気がしました。

何が悪で何が正義なのか
もう一度自分で考えてみることが大切なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。