池袋プリウス暴走事故の真相がヤバイ!報道では語られない欠陥の可能性~

報道では語られない真実

池袋で起きたプリウスの暴走事故が話題になっています。

これについてネット上では様々な論争が繰り広げられていますね。

それも報道では絶対に報じられないような内容なので、
陰謀のようなものが関係してるかもしれません・・・

今回はネット上で話題になっている論争をまとめつつ、僕の意見を述べていこと思います。
どうか最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

池袋プリウス暴走事故の真相がヤバイ!犯人が逮捕されない理由とは?

まずは、ニュースの概要を御覧ください。

19日午後0時25分ごろ、東京都豊島区東池袋4丁目の都道の横断歩道2カ所で、高齢男性が運転する乗用車が歩行者らを次々とはねた。警視庁と東京消防庁によると10人が負傷した。このうち自転車に乗っていた30代の女性と、3歳ぐらいの女児が心肺停止で病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 目白署によると、乗用車は東京都板橋区の無職男性(87)が運転していた。1カ所目の横断歩道と、約70メートル離れた別の交差点の横断歩道で複数人をはねたという。男性も負傷した。乗用車は2カ所目の現場でごみ収集車と衝突し、ごみ収集車は横転した。

 現場は東京メトロ有楽町線東池袋駅近くの交差点。

事故発生直後の速報で「ごみ収集車にはねられ約10人けが」と伝えましたが、警視庁のその後の調べで、歩行者や自転車をはねたのはごみ収集車ではなく乗用車であることがわかりました。ごみ収集車は乗用車と衝突して横転しましたが、歩行者らとは接触しなかったとみられています。

 

10人が負傷し、そのうち30代の女性と3歳の女児が死亡してしまうというかなり痛ましい事故が起きてしまいました。

事故を起こしてしまったのは、87歳の高齢者ということだったので、
「また、高齢者の事故か~。
 やっぱりアクセルとの踏み間違えなのかなぁ。」

と思っていたのですが、この事件はいつもの報道とは少し違いました。

それは、容疑者が逮捕されていないということです。

 

警視庁は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで、調べています。

警視庁によると、乗用車が150mにわたって暴走し、
ドライブレコーダーの画像から、この間にあった乗用車側の2つの信号は赤であったとみられています。

そして、証拠隠蔽の恐れがないと判断し、男性を逮捕せず任意で捜査を進めているようです。

 

これをニュースで見て、
「ちょっとおかしくないか?」と僕は思っていましました。

「10人に負傷をさせ、そのうち2人が死亡している事故で
 容疑者を逮捕しないということがありえるのかな?」と思いました。

 

そう思い、容疑者を調べてみると、87歳の男性は東大卒の旧通産省・元工業技術院長
クボタの元副社長である飯塚幸三さんでした。

それに、事故を起こしてしまった直後に息子に電話をしていたとも言われていて
マスコミへの圧力がかかっているとも言われています。

いわゆる権力を使った事件のもみ消しですね。

 

このことがネット上では話題になっており、
「上級国民だからって逮捕されないのか!」怒りの声を上げている人も多いですね。

元官僚だからとか、そんな理由で逮捕されない。

逮捕されないのがそのような理由だとしたら明らかにおかしいですよね。

まぁあちら側の世界が真っ黒なのは国民も気づき始めてますが・・・

 

だがしかし、これだけではこの事件は終わりません。

この事件はかなり闇が深そうです・・・

スポンサーリンク

今回の事故はプリウスの欠陥が原因なのではないか・・・

 

今回の事件は飯塚幸三さんについての批判が殺到していますが、
この事件はプリウスの欠陥が原因なのではという疑いも出てきているんです。

というのも今回の事件の飯塚さんの車のドライブレコーダーの記録によると、
事故現場付近で一緒に乗っていた妻が「危ないよ、どうしたの?」と声をあげていて
飯塚さんも「あ~どうしちゃったんだろう」と応じており、
警察にも「アクセルが戻らなかった」と説明をしています。

 

実は、以前からプリウスの事故は多発しているんですよね。

福岡でも10人を負傷させるプリウスの暴走事件が起きていて、
それ以外にもコンビニや駐車場などで、暴走事故を起こしているケースは多いんです。

しかし、このようなプリウスの暴走は全て
警察によって、ドライバーの不注意として片付けられています。

 

これほどまでに暴走事故多ければ、プリウスの欠陥を疑うことも予想できますよね・・・

しかし、プリウスの検証や調査などは公に公表されていません。

ツイッター上でもプリウスの欠陥を疑っている方が何人かいました。
その意見がこちらです。

ツイート紹介

プリウスの暴走事故は今回だけでなく、何度も起こっているので
プリウスの欠陥が疑われるのも当然だと思います。

そして、今回の事件がミヤネ屋で放送されたときにも
疑問に思うことがありました。

元交通事故鑑定官小西公昭氏が「プリウスが、プリウスが」
と言うたびに、宮根誠司さんが「シルバーの小型乗用車」と言い直しているんです。

ツイッターでも「この戦い、ジワるw」と話題になっていました。

 

このようなことからも分かるように、報道側は

プリウスが事故を起こした

ということを必死で隠そうとしています。

 

これは明らかな隠蔽です。
まぁスポンサーになってもらっている以上、そう言うしかないのでしょうね。

実は最近、飯塚幸三さんが退院後も逮捕されないということが分かりました。
ですが、ここまで逮捕されないのには絶対裏がありそうですよね。

ネット上では息子もしくは、親戚などに警察関係者がいるのではと話題になっています。
息子に電話をしていた時に息子が警察関係者だったら根回しができそうですもんね・・・
そのことについては以下の記事で詳しくまとめてあります。

police

飯塚幸三の身内には警察関係者がいるという噂も。退院後も逮捕されないことに被害者夫は怒りの声

2019年4月24日

まとめ

というわけで、今回はプリウスの事故について
僕なりに考えたことを書かせていただきました。

いや~今回の事件で、更に報道機関の悪い部分が見えてしまいましたね。
報道機関が偏った情報隠蔽などをしているようではもう終わりですよね。

そりゃ、テレビ離れも進むわけですわな。

日本の官僚、報道機関、政界
これらはドラマなどでかなり黒く描かれていますが、
真実は僕らが想像するよりも真っ黒なのかもしれませんね。

報道機関に惑わされず、どうか自分の目を思いを信じてください。

スポンサーリンク

 

2 件のコメント

  • 2つに切れた自転車の切り口にも注目してください。
    まるでサンダーで切ったような切り口に見えます。
    どのように猛スピードで車と自転車が衝突したらこの様な切り口に成るでしょうかと。

    池袋暴走事故に関しては更に深い陰謀の可能性が

    • コメントありがとうございます。
      たしかにあの切り口は気になりますね。
      ただぶつかっただけではああなるとは考え難いです。

      また調べてみます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。