生田絵梨花が語る「乃木坂さんは謙虚なんです」人気の理由について生ちゃんの個人的見解とは?

インタビュー

どーも ゆーたです!

乃木坂46の生ちゃんこと生田絵梨花さんが乃木坂がこれほどまでに人気の理由を個人的な見解として語っていました。

僕も乃木坂の大ファンですが、最近ますます勢いが凄いですよね。女性ファンも多いというのが乃木坂46の特徴です。

今回は生ちゃんが語る乃木坂について僕の感想を交えながら紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

生田絵梨花が語る「乃木坂さんは謙虚なんです」人気の理由について生ちゃんの個人的見解とは?

 

生ちゃんは乃木坂のことに関するインタビューを受けていたのですが、「乃木坂“さん”、いつもスゴイなぁと思いながら見ています」と最初に語りました。

この”乃木坂さん”というのは「個々に光り輝いているメンバーがたくさんいるので、尊敬を込めての乃木坂さんなんです」と語っていました。

本当に個人の仕事が最近、増えていますよね。

ゴールデンの番組に出演するメンバーも増えてきたので、僕も本当に嬉しいです。

「他の女性芸能人と並んでもやっぱり可愛いなぁ~」と思いながら見ていますw多分これは乃木ヲタなら感じたことあるはずw

写真集も10万部を超えたらヒットと言われているなか、いきなり20万部を突破するメンバーが多数出ているので凄いアイドルグループです。フロントメンバーはその中でも飛び抜けて売れていますよねw

生ちゃんもCMにメンバーが出てきた時は「可愛い!」と思って、つい集中して見てしまうみたいですねw

乃木坂はメンバー同士の愛も深いですよね。

 

ただ、アイドルって「可愛いだけで売れる」わけではないんですよね。地下アイドルなどにも可愛いアイドルはたくさんいますもんね。

生ちゃんは乃木坂がここまで人気が出た理由について個人的な見解を語っています。

「全員が、一つひとつ起こるできごとを、ひたすら夢中になり頑張っていたら、こんなに大きくなっていました。みんな、どれだけ光り輝いていても、謙虚なんですよ。ずっと謙虚さを持ったまま、どの現場でも活動しているからこそ愛していただけているんだと思います」

これは本当にそのとおりだと思います。

乃木坂のメンバーはみんなびっくりするくらい謙虚なんですよね。ここまで人気が出ているのに絶対に天狗にならないアイドルはそういないと思います。

だからこそ、芸能界にも乃木坂のファンは多くいますし、愛されているのかもしれませんね。

「とにかく必死に一生懸命頑張っていたことが、いま想像できないくらい大きなことを起こしてくれている」とも言っていました。

初期の「のぎどこ」を見るとそのことが伝わってきますよね。ティッシュ配りしていた時のこととか懐かしいですよね。あれは何回見ても泣いてしまいますw

 

僕にとって乃木坂46はアイドルという存在を大きく変えてくてた存在でした。それまで僕はアイドルに全く興味がなかったのですが、必死に頑張る彼女たちを見てアイドルの見方が変わりました。

アイドルは可愛いだけでなく、人気が出るまでの果てしない苦労や苦しみを乗り越えてステージに立っていること気づかせてくれました。今ではその頑張っている姿に勇気をもらい背中を押してもらっています。

アイドルのことを毛嫌いするような人はいますが、僕が思うにアイドルとは背中を後押ししてくれるような偉大な仕事だと思っています。

 

乃木坂は4期生も入り、ますます大きくなっていきますが、1期生が気づきあげてきた歴史や思いを受け継いでさらに発展させていってほしいですね。卒業するメンバーも多くなってきたので、次は新しい世代が力をだしていくときなのかなと感じています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

ということで今回は生ちゃんが語った乃木坂のことについてまとめてきました。

ほとんど僕の乃木坂に対する思いになってしまいましたがw

最近、卒業するメンバーも多くて寂しいですが、それは新しい世代へのチャンスを意味すると思っています。

4期生はまだ入ったばかりですが、先輩たちからいろんなことを吸収して活躍していってほしいなと思います。

 

余談ですが、なぁちゃんのライブのチケットが売り切れるのが早すぎて買えませんでしたw

タブをいくつか開いておいたのですが、歯が立ちませんでしたねw

買えたよ~という方がいたらライブチケットをGETするコツを教えてくださいw

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

生田絵梨花画像

生田絵梨花の2nd写真集が1月22日に発売決定!先行カット公開でファン大興奮!!

2018年11月25日
中元日芽香画像

ひめたん(中元日芽香)が新しくブログを開設!しかし、喜びの声だけでなく批判の声も

2018年11月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。