世にも奇妙な物語【しらず森】の場所はどこ?八幡の藪知らずの都市伝説が怖すぎる!!

世にも奇妙な物語【しらず森】の場所はどこ?

2019年6月8日放送の世にも奇妙な物語で、吉田羊さんが主演の「しらず森」とされている場所は千葉県の八幡の藪知らずと言う神社で実在することが判明しました!!

実は、このしらず森(八幡の藪知らず)では2013年に謎だらけの女子高生の事件が起こっています。

この事件は世にも奇妙な物語を超えるぐらい、不思議かつ恐ろしい内容となっています・・・

僕はこの事件が「しらず森」というお話の元になったのではないか、と思っています。

さあ、恐ろしい都市伝説の世界へあなたをご招待しましょう。

ぜひ最後まで読んでいってください・・・

スポンサーリンク

 

世にも奇妙な物語「しらず森」のストーリー

しらず森

吉田羊さん主演の「しらず森」のストーリーをざっくり紹介します!

しらず森 ストーリー紹介

仕事ばかりで家族の事を顧みない夫との夫婦仲がうまくっていなかった吉田羊演じる「遥子」は息子を連れて実家に帰省する。

遥子は小学校の同窓会に参加し、30年前に埋めたタイムカプセルを掘り起こすことに。

何を埋めたか全く覚えていないタイムカプセルを息子の尚之(髙橋來)と一緒に持ちかえるその帰り道、同窓会で幼い頃の思い出話をしていた遥子は昔よく遊んでいた森を思い出します。

 

尚之と一緒にその懐かしい森の中に入っていくが、尚之が足を滑らせて突然どこかへ消えてしまう!

そんな森の中には尚之の帽子と先ほど掘り起こしたタイムカプセルだけが残されていた。

遥子は夫と共に尚之を必死に探すが、いっこうに見つかる気配がない。

そんな中、ふと目に付いたタイムカプセルを開けてみると、そこには信じられないものが入っていた…。

 

世にも奇妙な物語で出てくる「しらず森」ですが、

実はこの場所は実在しているんです・・・

 

しらず森は実在した!千葉県の【八幡の藪知らず】

八幡の藪知らず

これが実在しているしらず森です。

ここは千葉県市川市八幡「八幡の藪知らず(やわたのやぶしらず)」というところで、昔から神隠しの伝承で有名な場所なんです。

住所〒272-0021 千葉県市川市八幡2丁目8

 

この写真の鳥居がある不知森神社には立ち入ることができるのですが、その裏の竹やぶは禁足地と言われていて、立入禁止となっています。

この竹やぶには一度入れば二度と戻っては来られません。

めちゃくちゃ怖いですよね・・・

 

そして驚くのは、八幡の藪知らずがある場所です。

生い茂る森の中にでもあるかと思いきや、まさかの国道14号沿い!

八幡の藪知らず 国道沿い

こんな感じでめっちゃ車通ってます。

八幡の藪知らず

そして上から見てみると分かるのですが、めっちゃ小さいんですよね。

そして周りにはビル民家が立ち並んでいます。

 

 

いやいやこんなところで神隠しに遭うわけがないやんw

 

と思う方もいるかもしれませんが、この状況逆に恐くないですか。

迷うはずがないほど小さいのに入ってはいけないと言われている。

ここまで都市化しているのに、あそこだけ異様な空気を放っています。

かなり狭い場所ではありますが、竹やぶの中に入ってしまったらこの世じゃない場所へ連れて行かれるというのも分かる気がします・・・

スポンサーリンク

 

八幡の藪知らずの怖い都市伝説

八幡の藪知らずには有名な都市伝説があります。

神社

時代劇で知られる水戸黄門がこの八幡の藪知らずに興味本位で足を踏み入れると、変な姿をした妖怪たちが黄門様の周りを取り巻き、振り返ると入ってきた道は消えてしまった。

すると、白髪の老人の姿をした神(妖怪のボス的なやつ)が現れ、禁足地とした理由は平将門と関係があると語り、その怒りに触れた。しかし身分の高い人物ということで黄門様は特別待遇を受け、無事に戻ることができたという。

この話が広まり、八幡の藪知らずは禁足地と言われるようになったと言われています。

 

そして、この話と似たようなできごとが2013年に実際に起きています・・・

この事件は神隠しでは?とネットで話題になりました。

 

過去に起きた神隠し事件(実話)

女子高生 神隠し事件

2013年7月11日から行方不明になっていた、千葉県茂原市に住む高校三年生の女子生徒(17)が、 
9月26日昼に自宅から400m近く離れた神社の社(不知森神社)で発見された。

女子高生は高校から帰宅途中に忽然と姿を消した。自宅最寄りの駅の防犯カメラに姿が捕らえられたのが最後だった。 
親は2日後に警察に捜索願を出し、警察は8月7日に顔写真を公開して捜査を続けていた。女子高生の家族も近所にビラを配るなどして行方を捜した。

発見されたのは77日ぶりの9月26日で、自宅から400メートルも離れていない神社にある3畳ほどしかない社に、一人でいるところを発見された。

女子高生を発見した男性(70)の証言によると、社に体育座りしていた女性が高校の制服姿だったためすぐに110番した。 体重は半分まで激減したいたという。

この事件が報道されてからネット上では「これは神隠しではないか?」と言われ始めました。

というのもポイントとなるのが「本当にこの場所で77日間暮らせるのか?」「なぜ発見されなかったのか?」ということです。

 

社の周辺には水飲み場もトイレもないし、食料を買いに行こうにも道路に出ないと自動販売機すらない、ということなので、77日間も目撃情報がないのはおかしいですよね。

それに、先程の写真から分かるように国道14号沿いで交通量も多いですし、周りは民家なので社から出歩いていれば発見されるはずです。

それに発見される4日前には十数人でこの社周辺の草刈りをしたらしいのですが、その時は発見されていません。

 

普通ここまで近い場所で暮らしていたとしたら目撃情報があるはずです。それなのに目撃情報は一つもないというところがですよね。

ここまで見つけられそうな条件が揃っている中で、発見されないというのは神隠ししか考えられません!

神隠し

こちらの記事も読まれています▼▼▼

 

ついに新国立競技場が完成しました!!!!

でも、その外観がめっちゃダサい!!

てか、これ便器やんw

なんでこんなスタジアムに2500億円もかかったんだよ!!!!

新国立競技場がダサい上にエアコンなしで建築費2500億円の理由・・・

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は世にも奇妙な物語で取り上げられた「しらず森」のモデルとなった「八幡の藪知らず」について書いてきました。

本当にあれだけ狭い場所で神隠しに遭うのか。気になりますよねw

ただ、八幡の藪知らずに訪れた人は「朝でも奥が見えなくてものすごく不気味」と言うみたいです。

そもそも立入禁止になっていて、近くに市役所もあるため入ることは難しいかもしれません。

しかし、誰もいない夜ならこっそり入ることもできるかもしれません。ただ、何が起こるかは分かりませんのでご注意を・・・

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。