パクリ騒動の株式会社gramはそもそもgramを乗っ取っていた?衝撃の事実が・・・

パンケーキ

どーも ゆーたです。

ティラミスヒーローのロゴを丸パクリしてしまったことで話題になっている株式会社gramですが、なんとそのgramまでも乗っ取っていたものだったのです。

この会社にはまだ闇がありそうだな~と調べてみたら出てきた驚愕の事実です。

これにはさすがに驚いてしまいました。いや、これも乗っ取りかよ!っていう感じです。

今回はその驚愕の事実に迫ります!

ティラミスヒーローのパクリ騒動については下の記事でまとめています↓

ティラミス

原宿のティラミス店がティラミスヒーローを丸パクリ?これは酷いと話題に・・・

2019年1月22日

 

スポンサーリンク

 

パクリ騒動の株式会社gramはそもそもgramを乗っ取っていた?衝撃の事実が・・・

 

パクリ騒動で話題になっている株式会社gramですが、そもそものgramの名称とロゴの使用権利も奪ったものだったのです。もうここまで来たら怖すぎるわw

実は、元々gramというのは大阪の心斎橋にオープンしたふわふわのパンケーキが美味しいカフェなんです。

ここのパンケーキは分厚いスフレパンケーキが3段重なっていて、インスタ映えもする見た目でもちろんその味も大変大好評だったので、すぐに人気店となっていきました。

ところが、開店して1年も経たないうちに「カフェgram」から「bran cafe」に名前を変えリニューアルオープンしました。この裏側には今回と同じような商標登録のことが絡んでいたようです。

 

この人気店に目をつけた現株式会社gramの代表取締役社長の高田雄史氏が商標登録されていなかった「gram」の名称を商標登録し、使用権利を剥奪しました。ロゴもそのまま奪っています。

このようなことがあったため、「カフェgram」「bran cafe」に名前を変えざるを得なくなりました。

それだけではありません。もうこの頃には「gram」という名前はかなり有名になっていました。

インスタグラムなどのSNSなどがきっかけで知ったお客さんはこのgramというお店のパンケーキが美味しいと聞いているので、乗っ取った側の現株式会社gramの方がどんどん店舗数を増やし、人気店としての地位を確立していくことになってしまうのです。

もちろん味で勝つことができない偽gramは見た目をパクリ、店の肩書きで味をカバーしています。

 

いや~今回のティラミス騒動と言い本当に許せないですね。

商標登録をしておかなかったほうが悪いと言われてしまえばそれまでなのですが、そこに付け込んで奪ってしまうというのはどうなんでしょうか?

はっきり言って、法をかいくぐり犯罪まがいの行為を働く弱者と同じです。

 

スポンサーリンク

 

ネット上では怒りと批判の声が相次ぐ・・

 

ネット上ではかなりの怒りの声や批判の声が相次いでいます。

「これは法律的にありなのか?」「ここまできたら商標登録自体の制度をどうにかしないと・・」

「下劣過ぎる。人として許せない」「他にも悪どいことしてそう・・・」

このような意見がほとんどでしたね。もう批判しかありませんでした。

 

実は、本家の方はもうすでに閉店してしまっているんですよね。

本家のほうが派生店舗のような扱いを受けていたらしく、完全にお客さんを奪われてしまっています。

これは商標登録に関しての制度を一刻も早く見つめ直さないといけないと僕は思います。

 

まとめ

 

今回は株式会社gramのgram乗っ取り騒動に関して取り上げました。

悪いものが甘い蜜を吸うことができて、正直者がバカを見るような世界と言えるかもしれません。

本家の方が閉店してしまったのは本当に胸が痛いです。

このような会社が店舗数を増やし、生き延びているのは気持ちが良くないですよね。

ティラミスヒーローのパクリ騒動から顕になった衝撃の事実ですが、この会社には何らかの制裁を与えなくてはならないと僕は思います。

 

スポンサーリンク

 

ティラミス

原宿のティラミス店がティラミスヒーローを丸パクリ?これは酷いと話題に・・・

2019年1月22日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。