加害者家族は事件に関係ない?責任はある?必要以上に追い詰められる現実は正しいのか

bullying

連日報道されている、大津市や池袋の事故ですが
ネット上では家族にも批判の声が相次いでいます。

大津市の交通事故では事故を起こした主婦に対して

「こいつは一生幸せになってはいけない。家族含めて」
「全員でこいつのことを潰そう。とりあえず顔写真と住所を広めよう」

このような過激な書き込みがされています。

 

しかし、加害者家族とはいえここまでの仕打ちはどうなんでしょうか?

僕は加害者家族とはいえども、ここまで追い詰めるのは間違っていると思います。

 

様々な意見があると思いますが、ここでは

  • 加害者家族が事件に関係あるのか
  • 加害者家族に責任はあるのか

ということについてAbemaTVで紹介されていた事例を紹介しつつ
僕の意見を書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

AbemaTVで紹介された加害者家族のその後

abema加害者家族 制裁

AbemaTVで加害者家族についてのその後が紹介されていました。

加害者家族は僕たちが想像するより、はるかに追い詰められていました

 

 

まずは、その事件について紹介します。

 

事件

事件が起きたのは、2016年の関東某所。

事件当時、まだ未成年だった青年が
サイクリング中だった面識のない40代の女性の背中などを数十回刺して殺害し、
遺体を川に投げ入れるという事件が起きてしまいました。

警察の調べによると、青年はただ人を刺したかったと供述している。

 

この事件が起きた当時には、事件の真相を探ろうとしたマスコミが

家族が住む家に殺到しました。

両親は「報道陣の前に立って、謝罪をするべきだ」と考えていたらしいのですが、

捜査関係者から”報道陣とはなるべく接触を持たない方がいい”という話を聞き、娘2人を守らなければいけないということもあり、引っ越しを決意しました。

 

ただ、マスコミの姿は引越し先にもありました。

ここまでされると、家族は外出することができなくなってしまいます。

 

 

そして、さらにこの家族に追い打ちをかけたのが

ネット上の書き込みでした。

ネット上では「人間のクズだ!死刑にしろ!」

「子供の実名が出せないのなら親の名前を出せ!家族も同罪だ!家族の顔も晒せ!」

 

このような書き込みが毎日のようにされていたようです。

さらには、家族全員の名前と顔写真、父親の勤務先、娘の学校名まで晒されています。

それだけでなく「家では奇声を上げていた」「授業中に同級生に死ねと言っていた」

というありもしない嘘真実であるかのように流れました。

 

その影響で自営業だった父親から客が離れ
一年間の休業を余儀なくされ、一家が困窮する事態となりました。

 

そこから加害者家族を支援する団体に相談し、

離婚をすることにより、母親の旧姓を名乗ることで

晒された個人情報の波から逃れることができました。

 

次に、この事例を受けて僕がどう考えたか書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

加害者家族の責任についてどう考えるか

ネット上の意見では「必要以上に家族を責めるのは違うと思う」

という意見に対し「家族なんだからこのぐらいの罰は当然だ」

という意見もありました。

 

僕の意見としては「家族を必要以上に責めるのは間違っている」と思います。

 

被害者家族の気持ちを考えれば、加害者家族にこれぐらいの罰は当然だ。

このような意見も分からなくはないです。

ただ、ネット上で個人情報を晒し、必要以上に攻撃しているのって誰ですか?

事件に無関係のネットユーザーですよね。

 

現代のねずみ小僧のような正義感でやっているのかもしれませんが、

僕から見たら、それっぽい理由をつけていじめているようにしか見えません

これはマスコミを含めてです。

 

 

それに、「子どもがこうなったのは全て親の責任だ。」

という人がいますが、それは少し違うと思います。

今の時代は映画や漫画でかなり過激な作品はたくさんあります。

それを未成年であれ、お金を持っていたら簡単に買えるのが今の時代です。

 

親の前では”良い子”を演じていたとしても、

その子の心の中までは本人しか分かりません。

隠れてバイオレンスな映画やゲームをしていたら親は分からないわけです。

 

 

ネットユーザーは軽い気持ちでこのような批判祭りに参加しているかもしれませんが、

これはかなり危険なことです。

そのような批判により、「自分は生きている価値がない
と判断した加害者家族が何人も自ら命を絶っています。

 

批判や個人情報を晒している人は被害者家族を殺そうと思ってコメントをしているんですか?

批判をしている人がやっているのは殺人と同じです。

批判者の言葉によって命を絶ったんです。

 

その数が多いので、見えづらくなっているだけです。

ネットであれ、もっと自分の発言に責任を持ってほしいです。

 

 

ネット上では、寄ってたかって袋叩きにするようなことが多く見られますが、

本当に馬鹿らしいです。

子どものいじめや人種差別と全く同じです。

自分たちがどれほどまでに醜いことをしているか見つめ直してほしいですね。

 

このブログをきっかけに少しでも、このような風潮が無くなればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。