ゆたぼんの親は逮捕される可能性がある?法律違反の理由を分かりやすく解説!

逮捕

「少年革命家 ゆたぼん」と名乗る10歳の少年が
学校をサボってユーチューバーをやっていることが話題になっていますね。

ゆたぼんは西野亮廣さん、茂木健一郎さん、ダルビッシュ有さんなど
数多くの著名人から応援されているようですが、
ゆたぼんには数多くの批判が寄せられています。
もちろん親に対してもです。

今回は、ゆたぼんの親が学校に行かせていないことから
法律違反により逮捕される可能性があるということについて
詳しく解説させていただきます。

それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

ゆたぼんの親は逮捕される可能性がある?

逮捕

ゆたぼんに対してネット上では賛否両論の声があげられていますが、
それと同時に小学校に通わせていない親は法律に違反してるんじゃないの?

という意見がありました。

義務教育という言葉があり、中学校までは通わなくてはいけないもの
ということはなんとなく分かりますよね。

そして親にも同様に通わせなくてはいけない義務があるということも
知っているかと思います。

ですが、これを法律という観点から見た場合どうなるのか?
詳しく見ていきましょう。

法律違反の理由を分かりやすく解説!

今回の「ゆたぼんの親は逮捕される可能性がある?」という話題について
弁護士ユーチューバー「二番煎じと言われても」
藤吉修崇弁護士さんが動画で解説してくれています。

 

それではまとめていきましょう。

 

まず、小学校・中学校は義務教育と言われますが、
これについて憲法ではこのように書かれています。

憲法26条2項

すべて国民は法律の定めるところにより、
その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負う。

憲法ではこのように書かれているのですが、
そもそも憲法というものは国民を直接規制する法律では無いんです

これは僕も、最近大学の授業で習ったときはビックリしました。
つまり憲法違反で一般の人が逮捕されるということは無いんですよね。

意外と知られていないことですよね。

 

じゃあ、憲法は何なのかというと
憲法というのは国に対する規制です。

国は憲法に違反する法律は作れないんです。

そのため、国民は憲法に書かれているからといって
直ちに守らなくてはいけないというわけでは無いんです。

 

ただ、この憲法の規定を受けて学校教育法という法律が制定されています。

その中の16条にこのように書かれています。

学校教育法16条

保護者は子に9年の普通教育を受けさせる義務を負う。

9年間ということなので、やはり小学校・中学校ということになりますね。

 

そして、教育委員長は子供が正当な理由なく7日以上欠席すると
その保護者に対して出席の督促をすることができます。

正当な理由というのは病気いじめによる精神的な苦痛などが挙げられます。

「めんどくさいから行かない~」
というのはダメだということですね。

 

これに親が従わない場合はどうなるのか?

これについては先程の学校教育法144条に規定されています。

学校教育法144条

義務の履行の督促を受けてなお履行しない者は
十万円以下の罰金に処する。

 

教育委員長が「学校に来なさいよ~」と言っているのに
それを無視して親がYouTubeの撮影をしている。

この親は10万円以下の罰金になる可能性があるということです。

下手すれば、警察に逮捕される→裁判→罰金が課せられる
という可能性もあります。

 

過去には学校に通わせず、子供に芸能活動をさせていた親が
逮捕されているという例もあるようです。

 

今回も督促を無視している疑いがあるので、
このように逮捕されるのでは?という声も多いですね。

 

ゆたぼんの不登校理由とゆたぼんに対して
精神科ユーチューバーのSidowさんがアップした動画が話題になっていました。

これを見ると、ゆたぼんと親が批判されている理由がよくわかりますね。

少年

ゆたぼんの不登校理由がヤバイ!不登校代表と名乗らないでほしい。ただのわがままにしか聞こえない

2019年5月13日

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回はゆたぼんの親が逮捕される可能性があるのではないか
ということについてまとめてみました。

学校に行かないという選択肢について
僕は否定するつもりはありませんが、ゆたぼんがここまで炎上しているのは

「めんどくさくて行きたくないから行かない」
という理由だからなんですよね。

学校でいじめに合っていたりして、行きたくても行けない子の気持ちを考えると
ゆたぼんの行動はあきらかに間違っていますよね。

その子供に対しての親の対応もどうかと思います。
ただめんどくさいから行きたくないという子供に対して
しっかりと学校に行きなさいと言えるのが親です。

それを収益目的だか知りませんが、
YouTubeの撮影を一緒にしているというのはおかしいですよね。

親として子供を育てるという責任をしっかりと持ってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。