ゆたぼんの不登校理由がヤバイ!不登校代表と名乗らないでほしい。ただのわがままにしか聞こえない

少年

「少年革命家 ゆたぼん」が世間を騒がせていますね。
その理由がゆたぼんが不登校になった理由です。

ゆたぼんの動画の主な発信内容は学校へ行くことに疑問を感じる
同世代の方に向けて「自由になりたくないか?」というメッセージが多く
「生き方」について発信しています。

ゆたぼんはよく「学校なんて行かずに自由に生きようぜ!」
というメッセージを発信しているのですが、
低評価がかなり多いんですよね。

それもそのはず、彼が不登校になった理由を聞くと
「単なるわがままなんじゃなかな?」という内容なんです。

今回はそのゆたぼんの不登校の理由と
そんなゆたぼんに向けて精神科ユーチューバーのSidowさん
がアップした動画について書いていこうと思います。

それでは見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ゆたぼんの不登校理由がヤバイ!

ゆたぼんの不登校になった理由について見ていきましょう。

ゆたぼんが不登校になったのは小学校3年生の時。

学校で宿題をやることを拒否したところ、
ゆたぼんは放課後や休み時間に宿題をさせられました。
そんな学校生活にゆたぼんは不満を覚えます。

もちろん周囲の生徒たちは、
担任の先生の言うことを聞きますよね。

しかしそんな周囲の生徒たちが、
ゆたぼんには、まるでロボットのように見えてしまったようです。

そんなとき、ゆたぼんは、周囲の生徒たちを見て
「俺までロボットになってしまう!」と感じ
学校に行かなくなり、不登校となりました。

 

僕はゆたぼんが不登校になってしまったのは
てっきり、学校でいじめにあったとか授業についていけない
など行きたくても行けない理由があるのだと思っていました。

そんなことを思ってこれを見た僕は
驚いてしまいましたね。

びっくり

「え~~なにそれ。」

「それって、ただのわがままなんじゃ・・・」

 

普通の小学生は先生から宿題をやってきなさい。
と言われたら宿題をやってくると思います。

それに先生の言うことを聞くのは当たり前ですよね・・・

このようなことを拒否して先生の言うことを聞かないなら

はっきり言って不良と同じだと思います。

 

もちろん周り逃されてばかりじゃダメなのは分かります。
現在の個性を潰すような学校教育に
不満を感じているのは僕も同様です。

ただ、ある程度の協調性というものは必要です。

協調性が皆無だったらわがままな非常識者のバカになってしまいます。

 

小学校3年生だと自分のことを抑える自尊心なども未熟
十分に精神が発達していません。

この段階で学校という様々なことを学べる場から
退いてしまうのはもったいないと思います。

 

YouTubeでは好きなことで生きていくと言われるように
自由に生きている方々の動画が人気になっています。

ネット上でも
会社なんか今すぐ辞めろ。
学校なんか行かなくても大丈夫だ。
周りに流されるな。

どうしてもこのような内容は魅力的に感じてしまいますよね。

ただ、僕から見るとこのようなゆたぼんの状況こそ
このような情報に流された結果だと思います。

悪くいうと自分が嫌なことから逃げる理由を正当化しようとしている
としか僕には見えません。

ゆたぼんの不登校について
学校に行かせない親は法律違反じゃないのか?
ということが話題になっていました。

そのことについても書いています。よかったら見てみてください。

逮捕

ゆたぼんの親は逮捕される可能性がある?法律違反の理由を分かりやすく解説!

2019年5月12日

 

スポンサーリンク

 

ゆたぼんに向けた精神科ユーチューバーSidowさんの動画が話題に

そんなゆたぼんに向けて精神科ユーチューバーのSidowさんが
動画をアップしていました。

まずはそちらをご覧ください。

この動画を見て、僕も本当にその通りだなと思いました。

これは数多くの不登校の生徒を救ってきた精神科医の先生だからこそ
言える言葉だと思います。

不登校の生徒の中には「学校に行きたくても行けない子」多くいます。

その理由はいじめだったり、学校の授業についていけなかったりなどです。

本当に行きたいのに、行こうとすると頭が痛くなる
嫌なことがフラッシュバックしてくる

このように本当に苦しんでいる子がたくさんいるなか

「ただ行きたくないから行かない」
という理由で不登校になったゆたぼんが

「自由に生きようぜ!」「不登校の子を救いたい!」
どれだけ言ったとしても彼らに響くことはありません。

違和感しか生まれないんですよね。

 

僕の友達にも不登校になってしまった子がいたので
この先生が言っていることはよく分かります。

僕の友達は授業についていけず小学校の時
不登校になってしまいました。

ですが、先生と毎朝家に向かいに行き
別の教室で勉強を教えたりしていました。

すると、勉強ができ始めた友達は
自信が付いてきて学校に来れるようになりました。

そして、中学校では一緒にサッカー部で活躍するくらい
元気に学校生活を送るようになりました。

 

不登校の子というのはいろいろな理由がありますが、
「行きたくても行けない子」もいるということをゆたぼん君とその親には
分かってほしいですね。

 

まとめ

今回はゆたぼんの不登校の理由と
ゆたぼんに向けた精神科ユーチューバーのSidowさんの動画について書いてきました。

動画で発信をしているのはゆたぼんですが、
それをコンテンツ化してしまった親にも責任があります。

今後YouTubeを続けていくのか、続けるならばどのような発信をすべきなのか
もう一度、ゆたぼんと両親でしっかり話し合ってもらいたいですね。

YouTubeの動画は全世界の人に向けて発信できるほどの力がある。
ということをユーチューバーとして再認識してほしいです。

見ている人が多い動画ならそれほど影響力もあるので
コンテンツの内容を見直してほしいですね。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。